松葉町バス停が復活!? – 鷹巣地区

北秋田市(旧鷹巣町) 松葉町 バス停が復活!?
実は市内循環バスの実証実験運行による期間限定なのです。
松葉町バス停は文字通り松葉町にありましたが、鷹巣地区の路線バスが
大幅に改編されたとき廃止されました。
※この時岩谷線、田子ヶ沢線、大沢線など大規模な廃止があった。
改編に伴い、全ての路線バスが鷹巣駅前発着となり、鷹巣営業所は廃止
また運行ルートが大幅に変更されました。

改編前は少し特殊なルートで、同じ田中・綴子方面でも

大館行き、薬師山スキー場行き、急行能代行き、急行大館行きは松葉町を通らず

営業所(構内)→駅前→営業所→大町一丁目(郵便局向い)→鷹巣大町(鷹松堂)→

なのに対し

田子ヶ沢行き、岩谷行きは

営業所(構内)→駅前→松葉町→鷹巣大町(藤原医院)→

のルートでした。復路に関しては綴子・田中方面からの全路線が

→鷹巣大町(藤原医院向い)→松葉町→営業所

でした。つまり鷹巣駅へ行きたい場合は、松葉町で降りて歩け、と。

一方舟見町方面(七日市方面、合川方面)は全路線(往路)が

営業所(構内)→駅前→松葉町→鷹巣大町(鷹松堂向い)→大町一丁目(石幸向い)→横町

復路については

横町→大町一丁目(石幸前)→営業所(構内)→駅前

と変則ルートでした。

旧松葉町バス停は佐藤歯科医院前(画像2枚目)と岡太屋(文房具店・廃業)前(画像3枚目)に

ありましたが、現在の松葉町バス停はホテル松鶴前付近に設置されています。

このように往路と復路で異なるルートを走る例は現在能代営業所管内、花輪営業所管内に

存在します。特に能代管内は凄く厄介で、秋北バス公式サイトに掲載されている

路線図や時刻表では少々分かりづらいのが現状です。

大館管内については統一されました。(市立病院前乗り入れ開始に伴い)

統一前は扇田方面が駅前発着ではなく駅前ステーション発着などやや不便な

ところがありましたが、かなり改善されました。

さて松葉町の話に戻りましょう。

松葉町が廃止されたと同時に営業所も廃止されました。営業所の機能は

全て米内沢営業所(前:米内沢操車場)に移行されました。なおバスの駐車場として

鷹巣車庫が設けられています。

期間限定ながらも松葉町バス停が復活したことは嬉しい限りですが

昔あった場所に設置してくれればなぁ、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください