📸バス・鉄道📷 春♥・ラーメン

沖田面・五城目線

沖田面(おきたおもて)・五城目(ごじょうめ)線は上小阿仁村沖田面~五城目町五城目を結ぶ
路線バスであった。運行開始当初からしばらくの間は秋北バス、秋田中央交通の2社共同運行で
あったが、先に秋北バスが撤退(ダム入口まで短縮)。秋田中央交通が運行を続けていたが
2008年9月末で運行を終了している。
2008年10月からは五城目~滑多羅温泉間の運行は存続したものの2010年3月末で廃止された。
上小阿仁村は秋田県内陸部に位置し、この路線が存在したことで、秋田市への最短ルートとしての
役割も担っていたのだが、時代の変化により年々利用者は減少、特に郡堺付近は流動が少なかった。
この路線の廃止により一般路線で他社線に接続しているのは五明光のみとなった。
(かつて秋北バスは弘前や田山支所までの運行も行っていたのだが廃止されている。)

●滑多羅温泉(なめたらおんせん)
国道沿いで営業していた鶴の湯は2007年春に廃業。国道から少し離れた場所で赤倉山荘のみ
営業を続けている。

一方沖田面側はダム入口まで運行を続けているものの2016年10月のダイヤ改正で
系統分離が行われ、大幅な減便、鷹巣直通便の減便が行われている。同時に森吉庁舎を
経由しなくなった。利用状況が芳しくないことからこの路線も何れ廃止されるかもしれない。
(ダム入口線の減便は鷹巣~米内沢間の減便に繋がり七日市を通る路線バスも大幅な減便となった。)


Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA