📸バス・鉄道📷 春♥・ラーメン

カウントダウン 秋北バスのU-LV324シリーズが…

秋田200か734

秋田200か734
地方の路線バスは、運営が厳しい会社が多い。そのため車両の購入費を抑制するため
中古車両を購入する会社が多いのである。
秋北バスも同様、日本各地のバス会社で除籍された車両を購入している。
特に国際興業からの購入車が多く、中でもいすゞのU-LV324シリーズは主力車両であった。
そのU-LV324シリーズ、経年劣化やツーステップといったところもあってか
近年廃車が加速し、遂に残すところ1両のみとなった。
画像の 秋田200か734 はU-LV324シリーズで唯一の自社カラーに
塗り替えられた車両である。大館営業所所属。
この734も30年12月で車検が切れるのだが、とある筋からの情報によると、次回の
車検を通さず、廃車にするらしい。この734の廃車により秋北バスからは
U-LV324シリーズ(U-LV324K/U-LV324l)が姿を消すことになる。

秋田200か792
こちらは能代で最後まで残ったU-LV324K(秋田200か792)。
この車両は廃車を免れ、とある方へ販売されたようだ。
(ツイッターに情報が上がっている)
なお国際興業から購入した車両は、塗装費用を抑制するため、そのままで
運用に就いていた(734を除く)。
近年は国際興業以外からの購入が増えたため、赤バス(自社カラー)に塗り替えられた
車両が大幅に増えた。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください